飽くなきチャレンジ精神で、
さらなる飛躍を目指す。

 1988年、大阪府岸和田市において、携帯電話の代理店としてスタートしたケーツーステーションの歩み。その後、携帯グッズの企画販売へのチャレンジを足がかりとして数々のヒット商品を生み出し、やがて海外や東京に拠点を設立。そして今、主に中国でのモノづくりを中心とした貿易事業と、個人・法人向けにモバイル通信サービスを提供する通信事業という二つのビジネスを活発に展開することで、わたしたちはさらなる飛躍を目指しています。


1988年 (昭和63年)

近畿オフィス開業


1988年 (昭和63年)

株式会社近畿オフィス設立


1995年 (平成7年)

株式会社 近畿オフィスよりケーツーステーション事業部設立


1996年 (平成8年)

株式会社 ケーツーステーション設立


1998年 (平成10年)

新社屋に移転


2002年 (平成14年)

貿易業務の拠点として香港支社M-bright international Ltd.設立


2004年 (平成16年)

株式会社 ケーツ―ステーション 東京支社設立


2004年 (平成16年)

中国広東省東莞市に生産管理部門として東莞M-bright設立


2005年 (平成17年)

株式会社 ケーツーステーション 配送センター設立


2008年 (平成21年)

関西auショップ12店舗を統合する会社として株式会社アライアンス設立


2013年 (平成25年)

株式会社 近畿オフィスと株式会社 ケーツーステーション合併
社名:株式会社 ケーツーステーション通信事業部と貿易事業部とし開始


2018年 (平成30年)

紙カプセルの研究に着手


2019年 (令和元年)

レンゴー、大宝工業3社の共同開発によるPIM 技術による紙カプセル試作完成


2019年 (令和元年)

日本国内カプセル自動セットアップ機の開発


2020年 (令和2年)

PIM技術による世界初紙カプセル プレスリリース発


2020年 (令和2年)

紙カプセル自動セットアップ機1号機の完成


2020年 (令和2年)

泉佐野配送センターを貝塚へ移転


2020年 (令和2年)

紙カプセルを本格的に量産スタート


思い出の商品

2003(平成15年)
阪神タイガース 
トラッキージェット風船

すでに甲子園球場ではジェット風船がブームでしたが、無地やストライプを施す程度の無機質なものでした。そこでケーツーステーションが初めてジェット風船にトラッキーのイラストをあしらい大ヒットとなりました。

トラッキージェット風船

2003(平成15年)
阪神タイガース
なりきりトラッキー

当時は女子ファン用の応援グッズがまだまだ少なかった時代。人気のトラッキーの耳付きのカチューシャとして販売。爆発的なヒット商品として現在でも定番の応援グッズです。

なりきりトラッキー

2005(平成17年)
くら寿司
じゃんけんルーレット

大手回転寿司チェーンくら寿司様との記念すべきお取引第一号商品。カプセル一体型で容器自体が廃棄物にならず、
当時の景品珍しいコンパクトな電子玩具として注目されました。

じゃんけんルーレット

2020(令和2年)
紙カプセル

地球環境の現状と課題に対し、従来のポリプロピレン素材に変わる環境にやさしい「カプセルトイ」を開発しました。
パルプと澱粉で作られた容器は海洋プラスチックごみ問題の解決のみならず、製造過程や輸送など広範囲で環境貢献性の向上が期待できます。